■FC2カウンター

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
221系が好きな鉄道ファンです。

高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
仕事も鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわずとも、違う形で鉄道に携われる仕事を頑張ってます。

そんな社会人4年生のブログです。







コメント、大歓迎。
相互リンクも募集中・・・。



※コメント欄を掲示板のように利用する事を禁止します。管理人が不適切だと思うコメント等は容赦なく削除させて頂きます。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等は固くお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
閉館の前に・・・

こんばんは。






IMG_6006.jpg

もうご存知の方も多いかと思いますが・・・
幼少期からお世話になって来た、梅小路蒸気機関車館が8/30をもって閉館します。
















20080115201948.jpg

梅小路蒸気機関車館は、本線から姿を消すこととなった蒸気機関車たちを保存するために
扇形車庫を再活用して設けられた、蒸気機関車の展示施設です。

博物館と言えば、現役を引退してもう動くことの無い車両を展示するのが一般的でしょうけど、
梅小路の凄いところはなんといっても、動ける状態にきちんとメンテナンスされて保管されて
いる蒸気機関車がいるところかと思います。

山口線で活躍しているSLやまぐち号や、滋賀県の湖北で活躍しているSL北びわこ号として
運転されている蒸気機関車も、この梅小路に所属しており、検査やメンテナンスを受けます。









IMG_6037.jpg

SLやまぐち号やSL北びわこ号の様に本線を走れる機関車もいれば、動くことは
できるけど、全般検査を受けていないために営業線を走れない機関車もいて、
構内でSL体験乗車「スチーム号」として活躍しています。

小学生の頃、遠足としてみんなで乗ったのを今でも覚えてます。
たった200m程の往復ですが、蒸気機関車の振動と汽笛に凄く感動したものです。










IMG_3864.jpg

静態保存されている機関車の中には、運転席まで階段が設けられていて、
機関士さんの気分を味わえる場所や、こうして機関車より高い場所から、
普段見ることのできない機関車の屋根を見ることが出来ます。

「架線注意」の表示が、つい最近まで活躍していた事を感じさせます。
今にでも、力強い煙を上げて走り出してくれそう・・・










SL磨き

梅小路の思い出として欠かせないのが、この風景。
年末に開催されたSLを磨くイベントです。

静態保存されているSLを、みんなでピカピカにしよう、というものでした。
20人くらい参加しており、磨く対象の機関車に関するお話を聞いた後、
約2時間かけて一生懸命磨きましたが・・・

長く険しい道を走って来た蒸気機関車・・・
表面上もそうですが、裏側の汚れを取るのは大変で、完全には綺麗に
できませんでしたね。

それでも、最後にイベントのスタッフさんが
「皆さんのおかげで、SLも清々しい気持ちで年を越せることと思います」
と言って頂き、こちらが清々しい気持ちになれましたm(_ _)m












IMG_3867.jpg

IMG_6017.jpg

そんな、想い出いっぱいの梅小路ですが・・・
大阪にあった交通科学博物館の閉館に伴い、この京都に新しく鉄道博物館を建設
するために、一時的に閉館する事となりました。

弁天町にいた車両や、新しく博物館入りする車両がこの梅小路へ運び込まれてきて
おり、周辺の工事も着々と進んでいます。









IMG_6044.jpg

せっかく行くなら、蒸気機関車と一緒に現代の電車や新幹線も見れる方が賑やかで
楽しいとは思うのですが、静かに蒸気機関車たちを見学できるのも魅力的かも・・・

少なくとも、今年の夏の終わりから来年の春までは見ることが出来なくなるので、
ご来館はお早めにm(_ _)m



鉄道 | 23:45:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad