■FC2カウンター

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
221系が好きな鉄道ファンです。

高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
仕事も鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわずとも、違う形で鉄道に携われる仕事を頑張ってます。

そんな社会人4年生のブログです。







コメント、大歓迎。
相互リンクも募集中・・・。



※コメント欄を掲示板のように利用する事を禁止します。管理人が不適切だと思うコメント等は容赦なく削除させて頂きます。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等は固くお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
全周ホロの不思議


こんばんは。







IMG_8104.jpg

最新鋭のN700A系、700系では届かなかった最高速度300km/hで走ってます。
その速さの理由のひとつに、全周ホロというものがあります。

話が前後してしまうのですが、18きっぷでの旅2日目、博多駅でいつもブログ等で
お世話になっている方にお会いして来ました。
博多駅に着いてすぐ、お会いするのとほぼ同時に、全周ホロの不思議を発見・・・
勝手な予想を言いましたが、間違っていたので先に記事にしますm(_ _)m
















IMG_0912p.jpg

そもそも、全周ホロとは・・・
車体間の隙間にある幌、車体間幌が、一部だけではなく、下側を除いて全周部に
ホロを設けて、空気抵抗や騒音をなくすのを目的としています。

高速で走る新幹線にとって、空気抵抗や騒音はとても重要な問題です。
特に騒音、この問題をクリアできず、性能としては出すことができるのに、営業時は
速度を抑えなければならないことも、少なくありません。










IMG_2964_20160404192649a05.jpg

N700系から導入されたこの全周ホロは、九州新幹線直通タイプのN700系にも
採用されています。







IMG_2964p.jpg

ところが、昨日、博多駅でsaraさんにお会いして、あれ、4号車と5号車の間だけ、
車体上部の全周ホロが取り付けられていない!

『ここは検査等で編成を解くことができる(ケーブルヘッドがある)から、きっと前の
検査でホロを外した時に、つけ忘れたのでは?』なんて無責任な事を言いました。

しかし、よくよく考えてみれば、このR編成(九州所属のN700系8000番台)は8両
編成だから、編成を解かなくても8両一気に持ち上げることができるから、ホロを
外すタイミングがないのでは・・・?

と、自分の言った事に対して、心の中でちょっともやもやしながら、別の話題へ・・・











IMG_2992.jpg

なんやかんやで、さくら号で帰阪!(←なんやかんやの部分は、また記事にします)
そして、ふと4号車と5号車の車体間ホロを見ると、やっぱり車体上部だけない・・・












IMG_2994.jpg

そこで、向こう側のホームにたまたま停車していたN700A系を見る・・・
あ!そうか!
ここで、ようやく気がつきました。









IMG_2994p.jpg

N700系は、ケーブルヘッドから出てる高圧線が、車体と距離をとって高い位置に
あるのに対して・・・





IMG_2964p2.jpg

九州直通タイプのN700系7000/8000番台は、高圧線と車体との距離が短い。
万が一短絡して、ホロが燃えるようなことがあっては大変。

きっと、こういう理由で4号車と5号車の車体間ホロは、車体上部だけ省略されて
いるのではないでしょうか・・・



上記の予想が間違っていても、きっと「検査後の取り付け忘れ」というのは違う
かと思いますので、ここで訂正とお詫びを申し上げますm(_ _)m







全周ホロ、ただ覆っているだけと思ってましたけど、新たな発見がありました。
そして、資料となる写真がない事にも気がつきました・・・^^;

今度、新幹線に乗るときに、もう少し注意して観察してみます。

鉄道 | 19:52:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんばんは

昨日の博多駅が今日の記事で拝見できるとは・・
ありがとうございます。m(__)m
幌のお話しの続き、よくわかりました。
>、高圧線と車体との距離が短い。
万が一短絡して、ホロが燃えるようなことがあっては大変。
そうだったのですね。
やはり、意味があったのですね。
私も、今度行った時にしっかりと見てきます。

今回の記事を読ませていただいて
とても勉強になりました。
2016-04-04 月 21:29:39 | URL | sara [編集]
こんばんは。

ホロのお話、順番に書いていこうとも思ったのですが、訂正は早い方が良いと
思いまして・・・
本当に、いい加減な事ばかりですみませんm(_ _)m

ホロもですが、ケーブルヘッドの形状が違う事を、今回、初めて知りました。
ご一緒させて頂くと、いつもいつも、本当に勉強になります。
もっともっと、「なぜ?」という気持ちを大事にしたいですm(_ _)m
2016-04-04 月 21:44:00 | URL | n221k [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad