■FC2カウンター

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
221系が好きな鉄道ファンです。

高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
仕事も鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわずとも、違う形で鉄道に携われる仕事を頑張ってます。

そんな社会人4年生のブログです。







コメント、大歓迎。
相互リンクも募集中・・・。



※コメント欄を掲示板のように利用する事を禁止します。管理人が不適切だと思うコメント等は容赦なく削除させて頂きます。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等は固くお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
季節は流れても・・・


こんばんは。









IMG_5840.jpg

半年以上前になりますが、この記事でちらっと予告をしていた通り、GWの翌週に
富山方面へ旅に出ていました。

その時、高山本線の撮影をしていると、とあるものを見つけました・・・

















IMG_5895_20161114231247e2c.jpg

猪谷駅から41号線に入ってトンネルを抜けると、右手に鉄橋が見えました。
2006年12月に廃線となった、神岡鉄道のものでした。














IMG_5923_2016111422515493e.jpg

さらに高山方面に向かって走っていると、何やら駅らしきものを発見・・・
車を駐車できるスペースがあり、そこから線路跡地へ続く坂道がありました。













IMG_5915.jpg

坂道を上がると、そこにはまだ駅のホームが・・・














IMG_5914png.png

ホームに上がると、緑の中に埋もれながらも、そこにはまだレールが敷かれていました。













IMG_3918.jpg

ホーム端に行くと、積雪量を示すものや、雨量計、そして先の方には信号機も・・・









IMG_3920.jpg

雨量計をよく見てみると、銘板がありました。








IMG_3919.jpg

銘板を見ると、この雨量計は2003年10月に製造されたものだと分かりました。
ここから、少なくとも2003年10月以降に設置されたことが分かります。

この神岡鉄道が廃線となったのは2006年の12月。
廃線のきっかけとなった貨物輸送の廃止は2004年の10月なので、雨量計が設置
された時点では貨物輸送の廃止に関する話はなくて、まだまだ先も、この鉄道を
走らせるつもりで、この新しい雨量計を設置したのでしょうか・・・


















IMG_5899.jpg

ホーム端から先を臨むと、レールがはっきり見えました。
枕木もしっかり、レールを支えていました。












IMG_5903_20161114225207df1.jpg

曲線の先を見てみると、そこにはトンネルがありました。
もちろん、管理されていないため、立ち入りは禁止されているようでした。












IMG_5905png.png

そして、ホーム端の近くには、特殊信号発行機が設置されていました。
この特発は、ホームのSOSボタンのものか、それともトンネルの異常などを知らせる
ものだったのでしょうか・・・?

















IMG_5901_20161114225219758.jpg

ホーム端から、猪谷方面を見てみます。
せっかくなので、反対側にも行ってみました。















IMG_5913_20161115211557739.jpg

新緑が綺麗な草木に埋もれながらも、こちら側もしっかりレールが残っていました。










IMG_5906_20161115211616881.jpg

レールのそばには、勾配標も・・・
勾配標は白と黒で表現されるのですが、もう黒色の塗料が剥がれ落ちていました。




















IMG_5910.jpg

猪谷寄りのホーム端から、駅全体を見てみます。
廃線から10年以上経っても、緑に埋もれながらもしっかりと佇んでいるこの光景が、
なんとも言えない気持ちにさせました。

かつてはここを、旅客列車と貨物列車が走っていた・・・その光景を想像しながら、
ゆっくりとした時間を過ごしていました。

















IMG_5917.jpg

帰り、坂道を下ってからもう一度、駅の方へ振り返ってみました。
ちょうどその時、日差しが強くなって、春を感じさせるハルジオンが咲いていることに
気がつきました。

駅の周りはこうして季節が流れ、暖かい春を迎えているというのに、もうこの駅には、
新しい季節が来ることはないのですね。

そう思うと、急に切ない気持ちになってしまいました。




飛騨・高山 | 21:31:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こんにちは。
廃線になった駅のホームで、雨量計だけがきれいなまま残っている姿が、とても不思議に感じていたのですが、銘板からすると2003年10月に製造されたものだったのですね。
そして、廃線の年から考えると、記事にも書いていらっしゃるように、貨物列車はまだまだ走り続ける予定だったのかもしれませんね。
こんなたとえはいけないかもしれませんが、まだ進めるはずの道もレールも、その先はわからない・・それはまるで人生のよう・・そんな気持ちにもなりました。
人や列車の姿が見えなくなった駅や線路を見ていると、本当に切なくなりますね・・。
2016-11-16 水 14:09:55 | URL | sara [編集]
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

もう廃駅になったはずなのですが、雨量計もピカピカだったり、防犯カメラは最近の
360度見れるタイプだったりで、管理が行き届いてなかっただけで、まだ使われている
のではないか・・・と思わせるほどでした。

仮に、雨量計を新しくする時には、既に貨物列車の廃止が決まっていたのだとしても、
それでも新しくしようと決まったのは、残された旅客列車が安全に走れるように・・・
という想いがあったのかな・・・なんて考えてしまいました。
自分が住んでいた町の路線がこうなったらどうしよう、慣れ親しんだ地域や、憧れの
路線がこうなったらどうしよう、そんな事を考えてしまいました。

明日の事は良くわからないし、当たり前の日常がある日突然、特別になる・・・
頂いたコメントから、とある方の言葉を思い出しましたm(_ _)m
2016-11-16 水 21:59:24 | URL | n221k [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad