■FC2カウンター

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
221系が好きな鉄道ファンです。

高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
仕事も鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわずとも、違う形で鉄道に携われる仕事を頑張ってます。

そんな社会人4年生のブログです。







コメント、大歓迎。
相互リンクも募集中・・・。



※コメント欄を掲示板のように利用する事を禁止します。管理人が不適切だと思うコメント等は容赦なく削除させて頂きます。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等は固くお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
ひだ、高山へ! 1(新)

こんばんは。







FH010003.jpg

第二飛騨川橋梁を渡る、特急ひだ号です。

道の駅「美濃白川」の近くにある鉄橋で撮りました。
この道の駅のすぐそばには、鷲原信号場があります。


え?
前にもこの画像見た事あるって?

はて、なんのことやら・・・












すいません、冗談です。

この記事を書いてから、もう1ヶ月ほどになります。
本当はもう少し早く続きを書こうと思っていたのですが、その前にフィルム写真の画像をフィルムスキャナデータからCD-Rデータに変更する事を決めました。そこで、今回の『ひだ、高山へ!』シリーズに使う画像も、CD-Rデータ化してから使用したいと思い、新たに最初から記事を書く事にしました。


文章もまるまるコピペしちゃいますが、ご理解下さいm(_ _)m










FH010005.jpg

鷲原信号場から、高山方面を眺めます。
ここから見れば大したことない鉄橋ですが、違う角度から見ると・・・













・・・











すいません、違う角度から撮影してませんでした・・・てへへ。





FH010004.jpg

岐阜方面を眺めます。
高山本線は単線なので、駅間が長かったり列車の交換設備を持たない駅が続いたりすると設けられます。

信号場全体がカーブしているいて、特発やら中継信号機やらありますが、中でもちょっと驚いたのが特発と中継の間にある色灯式信号機でした。
何が驚きか・・・それは高さです。

写真の撮り方が下手なために分かりにくいかも知れませんが、特発や中継よりも飛びぬけて高いです。
なぜでしょう・・・。








FH010006.jpg

今度は高山方面を眺めます。
トップ画像の第二飛騨川橋梁が見えます。

飛騨川橋梁は第一から第三まであるらしいですが、道路から確認出来たのは第一とこの第二でした。
第三は知られざる撮影スポットらしいです。なんかドキドキしますね・・・笑

画像左下に見える線路は、安全側線です。
停止するはずの列車が、誤って本線に冒進して、行き違いの列車などと衝突するなどの事故を防ぐ事を目的として設置されています。


ちなみに、安全側線はそもそも、正面衝突するよりはこうして脱線させる方が被害は少ないだろう・・・というのを基に設置されているのですが、もし仮にこの安全側線に列車が進入した場合、最悪の場合飛騨川に落ちてしまいそうな気がしてならないのですが・・・。
このほかにも、安全側線のすぐ先には民家が建っている場合もあるそうで・・・なかなか怖いですね。


安全側線の軌間内にある柵のようなものですが、これは安全側線緊急防護装置と呼ばれるものです。
列車がこれに接触すると倒れ、スイッチの役割になります。スイッチが入ると周辺の信号機が停止現示に変わり、2次事故を防ぐ安全対策がとられています。
この安全側線緊急防護装置ですが、実は列車見張り員の資格をとるための講義や訓練等でも、少しだけ説明を受けましたね、『絶対に触れないように!』と・・・笑




では、次回は下原ダムに続きます。
写真 | 22:39:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad