■FC2カウンター

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■プロフィール

n221k

Author:n221k
221系が好きな鉄道ファンです。

高校生の頃に写真部に入部して鉄道写真を撮り始め、撮った写真をアップするためにブログを始めました。

大学時代はアルバイトで貯めたお金で遠征を楽しみ、就職してからは鉄道模型にも手を出して・・・
仕事も鉄道員さんを目指していましたが、夢はかなわずとも、違う形で鉄道に携われる仕事を頑張ってます。

そんな社会人4年生のブログです。







コメント、大歓迎。
相互リンクも募集中・・・。



※コメント欄を掲示板のように利用する事を禁止します。管理人が不適切だと思うコメント等は容赦なく削除させて頂きます。
また、当サイトに掲載されている写真の転載等は固くお断り致します。

■221系だよ♪
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■最新トラックバック
■リンク
■FC2ブログランキング

ランキングに参加中・・・。

FC2Blog Ranking

クリック、お願いしますm(_ _)m

■月別アーカイブ

■ぶつぶつ・・・

n221kをフォローしましょう

■メールフォーム

管理人へ言いたいことなど、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
逃げ遅れた人がいなかったのが、何よりの救いです。

こんばんは。




なんだか最近更新が滞ってますね。
体調が悪いとか、精神的に参ってるわけではなく、ちょっと忙しいだけですb






さて、2日ほど前にJR北海道さんの石勝線で、特急列車が火災事故を起こしてしまったそうですね。
幸い、乗務員・乗客は全員無事にトンネル内から避難出来ましたが、最終的に39人もの方が病院へ搬送されてしまう、大きな事故となってしまいました。

とりあえず死者が出なかったのでホッとしていたところですが、時間が経つにつれ、乗務員らの不手際さなどが明らかになってきているように思え、残念に思います。















昨日の朝にauの携帯ニュースで「特急、トンネル内で停止」みたいな記事を読みました。同日のお昼過ぎにバイト先でwebのニュースを読んで、今朝のニュースが火災事故で、脱線の可能性があるという事を知りました。



ニュースを読んで、なぜ火災事故なのに列車を止めたのか、と疑問に思いました。
過去に今の鉄道のマニュアルを大きく変えるような、歴史に残る北陸トンネルの列車火災事故があったからです。

当時の国鉄の規則では、列車に異常があった場合は『いかなる場合でも直ちに停車する』とされていたために、多くの死傷者を出す結果となりました。
この北陸トンネル火災事故が起こる前、同線を走る日本海でも列車火災があったのですが、この時は列車乗務員らが機転を利かせて規程を無視し、北陸トンネルを通過してから停車、消火活動を行ったため死傷者を出さなかったのですが、この時の乗務員らを規程違反として処分されてしまいました。
この件もあったため、北陸トンネル火災事故では、トンネル内で停車せざるを得なかったんですね。

しかし、この事故後、狩勝実験線での走行車両燃焼実験などを経て、トンネル内での火災の場合、トンネル内では停車しないようにと、マニュアルが見直される事になりました。
ちなみに、上記で規程違反のため処分されてしまった乗務員らですが、この北陸トンネル事故後、マニュアルの見直しとともに処分は撤回されています。ただ、肝心の国鉄上層部らの責任は問われていないので不思議ですね。



この事故を思い出された方も、結構多いのではないでしょうか。
大惨事を起こしてしまったトンネル内の火災事故の前例と、見直したマニュアルがあったのに、なぜトンネル内で列車を停車させてしまったのでしょうか・・・。









実は、今回の事故で停車したのは火災のためではなく、異常な振動と音を車掌が認知したためだったからです。
停車の指示をする時や、また停車してからの確認では火災は認められなかったために、列車はトンネル内に停車したままとなり、乗客への避難誘導なども行われませんでした。
読売新聞の今朝の朝刊では、火災を確認するのに2時間も要したという旨の記事が掲載されていましたが、ここのニュースによれば、停車した時点で火災の認識は十分に出来ていたのでは・・・?とも思います。


どうでもいいですが、上記のリンク先の記事を書いてる記者もちょっとよく分からないですね。
脱線=速度、遠心力みたいな事をいいたいのか、当該車両が振り子式であった事を挙げていますが、列車が脱線する事故全てが速度や遠心力と直接関係しているわけではないと思います。

ドイツのICEの事故の時だって、まっすぐな線路で高速走行対応の車両でしたが、脱線しました。
この事故は、車輪の経済的な構造が仇となったもので、破損した車輪が分岐レールを巻き込むなどして脱線しました。あくまで素人の予想ですが、今回の事故でも推進軸などが車体から落下しているとの事ですから、部品等が落下する際に何らかの形で車輪に力が加わり、結果として脱線したのではないでしょうか。

以上、余談でした。




さて、さらに時間が経つと情報も増えて事件の概要が明らかになって来ました。
バイトも終わり、夜に帰宅して新聞やTV、ネット等で情報収集をしていると、どうやら乗務員らによる乗客の避難誘導やアナウンス等が無かったという事が分かって来ました。

乗務員らによる避難誘導や指示が無いにも関わらず、乗客・乗務員全員が無事というのは、僕からすれば非常に不思議に思えるところです。
なぜなら、避難誘導や指示をせずに乗務員らは無事にトンネルから避難出来ているという事は、車内で指示や案内を待っている乗客を見捨てて逃げ出したのと同じ事だと思うからです。

ただ、ここによると、3号車に乗っていた車掌は一旦車外へ出て出口を確認し、避難を指示したとされています。
これで、上記の「見捨てて逃げ出した」という事にはならないようで、まだよかったです。



しかし、乗務していた車掌さん、60歳という事はベテランさんですよね。
もう少し的確な状況確認や案内・指示などを出来なかったのかなど、残念に思うところです。

ただ、列車の外へ出るよう、乗客に指示を出すという事には時間と覚悟が必要であることは、なんとなく理解出来るので、今後の課題ですね。
みだりに車外へ出ると、他の列車の危険だけでなく、第三軌条などの危険な設備などもありますから、出来るだけ乗務員さんの指示に従って頂きたいです。

乗務員さんは乗客に従ってもらえるよう、訓練等に積極的に励んで頂きたいところです。









長々と書きましたが、僕が思ったのは以下の2点です。
 ・火災を発見するのに時間を要し、トンネルから列車を脱出させられなかった点
 ・乗客らに車内待機の指示を最後に、アナウンスなどによる避難指示を全体にできなかった点



まぁそもそも、部品落下や脱線などが無ければ、トンネル内で停車する事も、もしかしたら火災そのものも起きずにすんだかも知れないので、課題は多いですね。




とにかく、全員無事だったのは本当に救いです。
乗客の皆さん、とても怖かったと思いますが、冷静に行動して下さって何よりでしたm(_ _)m
鉄道 | 22:38:40 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
トンネル事故
同じ内容の記事なので差し支えなければトラックバックお願いします。
2011-06-01 水 10:45:51 | URL | 俊樹 [編集]
こんばんは。

>俊樹さん
初めましてm(_ _)m

記事の題材は同じかも知れませんが、内容と趣旨は違うと思います。
そういう事ですから、トラックバックはお断りします。
2011-06-01 水 23:29:47 | URL | N221系 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad